“Christmas All Over Again” カヴァー*3題

2020年12月11日    投稿者:

1)ニューヨーク州出身のロックバンド The Goo Goo Dolls がクリスマス・アルバム『It’s Christmas All Over』(10月30日発売)で”Christmas All Over Again”をカヴァーしました。アルバム名からして同曲をかなり意識したものになっています。ストリングスとキーボードのイントロから Phil Spector 風のリズムアレンジの導入部分がクリスマス感に溢れていますが、全体的なアレンジは原曲にかなり忠実になっています。彼らは12月2日にニューヨークのロックフェラー・センターで行われたクリスマスツリーの点灯式のイベントでこの曲を演奏しています。 bit.ly/3qJIMIW


2)Bon Jovi のヴォーカリスト Jon Bon Jovi もソロ名義でこの曲をカヴァーしました。3曲入りの配信限定 EP『A Jon Bon Jovi Christmas』(12月7日発売)の1曲目に収録されています。仕上げはボンゴやヴァイオリンが入るなど生楽器を中心としたものです。個人的には久しぶりに聴く声でしたが、声質がかなり変化していたことに驚きました。曲の最後に「欲しいものは」ということで「TPのソングブック」「Heartbreakers のTシャツ」というセリフが入ります。この曲、そして TPへの愛情が感じられました。 bit.ly/3oLilAT


3) アリゾナ出身のインディーロック・バンド Calexico も12月4日に初めて発売したクリスマス・アルバム『Seasonal Shift』の中でカヴァーを披露しています。上の2ヴァージョンとは違いホーンを随所に使い、時折聞こえるファルセットのコーラス、マリアッチ風のソロなど、いかにも彼ららしい仕上がりになっています。 bit.ly/39YD4Nm