R.I.P. Little Richard

2020年5月11日    投稿者:

5月9日朝、Little Richard がテネシー州タラホーマで亡くなりました。87歳。いち早く訃報を伝えた Rolling Stone 誌のサイトに掲載された記事によれば、死因は明かされていないとのこと。2012年にライヴの直後に体の不調を訴え、翌年には「もうやり残したことはないので引退した」とインタビューで語っていました。

1932年12月5日に12人兄弟の3番目としてジョージア州メイコンに
生まれた Little Richard。父親は密造酒のバイヤーでしたが、親戚に牧師がいたおかげで幼いころから宗教に触れ、教会で歌うようになりました。子供の頃の地元の友人の中には不世出のシンガー Otis Redding がいたそうです。早くから音楽活動を始めましたが、父親が殺害され残された家族を支えるために、皿洗いのバイトもやらなければならないほど苦しい時期もありました。そんな皿洗い中に口ずさんだメロディから生まれたのが、彼の名前を世に知らしめた”Tutti Frutti” “Long Tall Sally”といった永遠の名曲たち。それからの活躍は多くのみなさんが
知るところでしょう。

後のミュージシャンへ与えた影響は計り知れないものがあり、もし Little Richard がいなければ Paul McCartney の人生は今とは全く違ったものになっていたことでしょう。もしかしたら The Beatles も我々が知っているのとは全く別のバンドになっていたかもしれません。

TPも彼と親交があり、2001年6月21日にマリブで行われた Dana との結婚披露パーティーでは立ち会いの牧師を務めました。公式 SNSには結婚披露パーティーの写真とともに追悼コメントを掲載しています。また、TP&HBはライヴでは“Lucille” “Rip It Up”などをカヴァーしています。

アフリカ系アメリカ人として差別を受け、ゲイであることで奇異の目に晒され、神への帰依とショービジネスへの復帰の繰り返し… まさに波乱万丈の生涯を駆け抜けていきました。ロックンロール界の伝説がまた1人いなくなってしまいました。悲しいですね。