Tom Hamilton (Aerosmith)、Steveとの共演を語る

2020年1月11日    投稿者:

Aerosmith のアルバム『Nine Lives』(1997年)ではドラマー Joey Kramer が一時離脱のため、Steve Ferrone が代役としてアルバム制作に参加しましたが、Joeyの復帰後にアルバム全体を録音し直したため、当時の音源は未公開のままです。最近のインタビューでベーシストの Tom Hamilton が当時のエピソードを語っています。

「Joeyは問題を抱えていて支援が必要で一ヶ月留守をすることになった。レコードの発売と決まっていたイベントの関係でマネージャーはスケジュールを守らなければと強く感じていたんだ。どうやって知り合ったかは忘れたけど、Steve Ferrone に来てもらってJoeyの復帰までの代役を頼んだよ。Steveはとても良い人で素晴らしいドラマーだ。僕たちは上手くいって、彼は曲のアレンジをとても早く覚えたんだ。彼のリズム感は完璧だったから、彼のスタイルと(自身のベースが)一体になるのは問題なかった。どちらにしろ僕は適応しやすい方だから、それもうまくいった。(中略)いつの日か、Steveと録音した全ての曲を発表し、ボックスセットか何かの一部にできたら面白いね。」