アメリカ大統領選と TP&HB楽曲

2019年11月11日    投稿者:

アメリカ大統領選が近づくと、キャンペーンソングとして楽曲を使われることにアーティストが反対するというトラブルが繰り返されてきました。最近ではシンガー Rihanna がトランプ大統領に楽曲を使われることに反対しました。

これを受けて、同様の声を上げたアーティストたちが紹介される記事が掲載されました。 “I Won’t Back Down”(2000年 ブッシュ(子)大統領)、”American Girl”(2012年、バックマン候補)が紹介されたほか、Bruce Springsteen(”Born in the USA”)、John Mellencamp(”Pink Houses” “R.O.C.K. in the U.S.A.”)、Boston(”More Than a Feeling”)、Rush(”Tom Sawyer”) などの例も紹介されています。