Campaign Archive – Press Release

Tom Petty and the Heartbreakers 日本公演実現キャンペーン / Archive

キャンペーンの各種資料をご紹介します。レポートと合わせてご覧ください。

1999年 6月

PRESS RELEASE

The Declaration of Heartbreaker’s Japan Party
-ハートブレイカーズ・ジャパン・パーティ宣言-

1. Tom Petty and The Heartbreakers とは?

1976年のレコード・デビューから20年以上にわたり、
アメリカでは人気・実力とも常にトップ・クラスにありながら、
今なおロックン・ロールの魅力を伝えてくれるバンド、
それが Tom Petty and the Heartbreakers(以下TP&HBと略す)です。

偉大な先人達の影響を受け、その精神を継承しつつも、
オリジナルな音楽を生みだしている TP&HB。
色褪せない曲の数々とライヴ・パフォーマンス、尽きることのない創作意欲。
全米 No.1 こそ達成していませんが、「アメリカン・ロックを代表するグループ」
と言えるかもしれません。

93年に発売された『GREATEST HITS』は、
日本および全世界で 800万枚を売り上げています。
また、99年2月にMP3.comを通じて リリースされた“Free Girl Now”は、
3日間で約5万もの人がダウンロードしたということです。

4月に発売された最新作『ECHO』
Billboard 初登場 10位 と文句なしの実績を誇る彼らです。

2. Heartbreaker’s Japan Party とはどんな存在か?

しかし彼らが来日したのは、1980年と1986年のたった2回だけなのです。

86年のBob Dylanとのツアーは単独演奏が4曲のみでファンには不満の残る内容でしたが、
その時点では誰もが、単独での再来日 を信じて疑いませんでした。

けれど、その想いは13年経ったいまも叶えられないままです...

この日本でTP&HBを演奏させたい!
この日本でTP&HBのライヴを観たい!
この日本でTP&HBという良質のロックン・ロール・バンドを認めさせたい!

そんな想いが頂点に達し、私たちは
「TP&HB日本公演実現」キャンペーン を始める事を決意しました。

そしてキャンペーンの推進母体である
<Heartbreaker’s Japan Party> を発足させたのです。

まず、その活動の第一弾はホーム・ページのオープン(99年1月11日)でした。

名前は [The Waiting is the hardest part…]

現在インターネット上で宣伝活動を積極的に行いキャンペーンを進めています。

このサイトのメインは 「Sign Book」。
同じ願いを持つファンの声を署名と共に集めています。

この他、3月にサンフランシスコの Fillmore でのライヴのレポートや
日本で演奏して欲しい曲の投票、
月刊メール・マガジン「DepotStreet」の発行など
様々なコンテンツを持っています。

また、国内外の様々なサイトとのリンクを展開し、
さらに 英語サイトの開設などで活動の場を広げています。

インターネット以外のキャンペーンでは、
都内及び近郊の大型CDショップの店頭にリーフレットの設置協力を依頼し、
より多くの人々に向けての広報・宣伝活動を幅広く展開しています。

この日本で何としてもTP&HBのライヴを観てみたい!
その夢の実現に向かって我々<Heartbreaker’s Japan Party>は活動を続けます。
彼らを愛する人々が、この日本にいる限り。